Tagged: 上流工程

プログラマの独立では上流工程の経験が重要

プログラマが独立する際には、上流工程を担うスキルセットが必要です。独立したプログラマは案件を獲得して業務をおこなうことになります。基本的に、フリーランスではクライアントとの契約をベースにして仕事をすることになるため、クライアントとのコミュニケーションのスキルが必須です。営業活動をしてクライアントの候補を探り当てていき、商談を進めて契約を勝ち取らなければなりません。
商談のときには交渉が必要で、ただ言われた通りにプログラミングをするだけでは単価があまり高くならないのが一般的です。提案をしてクライアントが想定している以上のプログラムを作成できることを伝え、実際にそのプログラムを完成させて見せることが重要になります。

交渉の際にはクライアントを尊重しつつ、自分にとって有利な条件になるように工夫することも必要です。上流工程のスキルセットはコミュニケーションを通してよりクライアントにとってメリットになるサービスを提供できることを示し、報酬額などを有利にするために欠かせません。
プログラマは下流工程の担い手だから上流工程のスキルセットは必要がないと誤解しているケースもあります。しかし、独立するときには上流工程の経験を積んでおくことがほぼ必須です。
クライアントにとってただの下請けになってしまわないようにスキルを磨いておきましょう。上流工程のスキルセットを獲得するためにエンジニアとしての業務経験をするのも良い方法です。