Tagged: 名刺

知っておきたい独立した際の名刺の役割

エンジニアが独立してフリーランスになった場合、名刺は用意しておいた方が良いでしょう。特に独立直後は、誰とも関係を持っていない状況である可能性が高いです。その状況から、自ら色々な人に声をかけていき、仕事を回してもらうという営業活動をしなければなりません。その営業活動に、名刺がほぼ必須だからです。
IT化が進んだ現代であっても、初対面の人と簡単に連絡先を交換することはそこまで多くありません。そのため、ある程度親密にならないと連絡先を交換できず、仕事を得られるチャンスを逃すということも考えられます。しかし、名刺を渡すと、とりあえず相手の人に自分の情報は教えることができます。そうして、仕事を得られる可能性を高めるわけです。

ただ、名刺にあまり多くのことを期待してはいけません。確かに名刺には、個人情報の他にどのような仕事ができるのかを記載したり、WEBでも活用できるデザインを施したりできます。しかし、名前やURLなどにしか目を通されないということは多いです。したがって、名刺の役割は、あくまでもサポートツールだと考えておいた方が良いでしょう。
仕事を得るためには、自らがアピールすることが重要です。クライアントになるかもしれない人に何ができるのかを売り込んだり、信頼できそうだという印象を与えたりするなどして、相手の記憶に残った時に、相手が連絡先を知るためのツールとして、名刺が活用されます。自分で熱心な営業アピールをせずに、ただ名刺を渡すだけでは、何の成果も得られないでしょう。