エンジニアが独立するメリットとは

エンジニアは独立を目指すトレンドが生まれていますが、企業で働き続けるのと比較してどのようなメリットがあるのでしょうか。
まず、独立によってエンジニアは働き方の自由が手に入ります。企業で働いていると就業規則に従って勤務しなければなりません。
しかし、フリーランスエンジニアになるとクライアントとの契約ベースで自分の働く時間や働き方を変えられるようになります。あまり仕事を抱えずにのんびりと暮らしても問題はなく、仕事の量を増やして必死に稼いでも構いません。仕事の量や質に応じて稼げるのが独立する魅力です。スキルアップをしていき、ニーズの高いスキルを身につければ単価も上げていくことができます。

この観点と関連して重要なのがワークライフバランスを充実させられることです。独立すると自分で仕事の契約をすることになり、仕事の量も働く時間もコントロールできます。そのため、プライベートの時間を自由に確保することができるのがフリーランスエンジニアのメリットです。
プライベートを楽しめるだけでも魅力がありますが、時間の使い方にも自由があります。確保した時間はプライベートに使わずにエンジニアとは関係がない他の仕事に使っても構いません。投資に取り組んで稼いだお金を増やすこともできるでしょう。
エンジニアは、独立するとさまざまなことを自由な時間配分で並行しておこなえるようになります。仕事一辺倒にならない働き方を実現できるのがメリットです。
これらを踏まえて、もしも独立を目指したいのであれば、こちらの集まれ!独立志望プログラマというサイトに事前準備や仕事の探し方などについて網羅されているので覗いてみるといいでしょう。